· 

織楽浅野・宝相華文袋帯

唐代の中国、日本の奈良・平安時代に用いられた優美な植物の装飾文様「宝相華文」。色柄を目立たせずに、葉脈に少し金糸を織り込むなど、さりげないお洒落を演出する織楽浅野さんらしい作品です♬
この作品は袋帯なので、訪問着・付下げ等と共にフォーマルな場所をはじめ、洒落きものとコーディネイトしてお食事やパーティでも幅広く着用して頂ける品です。
#織楽浅野#三陽きもの#宝相華文#sanyokimono