京都・一富司「横段霞模様着尺」

 

 

霞みボカシの小紋着尺です。所々に金彩加工が入っているので、光が当たると品良く輝きます。生地も順番に織柄を変化させることで横段が出来、霞み模様に立体感を感じて頂けるよう、織られています。

経絣の紬着尺です。銘仙風の矢絣柄が縦に伸び、スッキリした着姿になります。糸染した染料も、染井吉野を使用することで、柔らかな色合いに仕上がっています。

蕪重織物「草木下染紬着尺」


グレー色を基調とした霞み暈しの小紋着

グレー色を基調とした、霞み暈しの小紋着尺と、博多八寸なごや帯をコーディネートしました。レース模様の帯は、レース模様の雰囲気を、織の技でお洒落に表現いています。

京友禅・雪輪模様小紋着尺

雪輪柄の、小紋着尺です。チャコールグレーの深みある地色は、冬のコーディネイトを楽しくしてくれる、品格ある濃色です。浜ちりめんの生地を使用した、優しい風合いも特徴です。

京友禅・服部染工「鼓模様小紋着尺」

紗綾形地紋の白生地に、細い線で「鼓」模様を所狭しに詰め描いた小紋着尺です。細かな柄ですが、黒白のシックなモノトーンなので、意外とスッキリ・スマートに着こなして頂けます。