琉球本紅型の九寸名古屋帯です。
ダリアの花が、咲き連なるこの文様は
作家「玉那覇有公」さんの代表的な作品です。
紋織の生地に六通染された作品は、
紅型らしい細かな多色使いなので、
無地等のスッキリとした着物に、合わせ
楽しんで頂ける作品となっています。

玉那覇有公「アストロダリア帯」

琉球本紅型の九寸名古屋帯です。
色の配色・暈し方など、同じ技法でも
紅型作家さんの特徴が1つ1つに表れてます。
この作品も、型染のメリハリ、暈しの配色が
作家さんの特徴たっぷりの作品となってます。

宮城里子作「紋駒帯地流水花紋」

国の重要無形文化財「芭蕉布」の帯が
入荷しました。
芭蕉布自体が希少な品になっていますが
この作品は、芭蕉の糸で花織が織込まれた
稀な逸品となっております。
経絣の染料も車輪梅を使い、南国の織物
らしい素朴な、色と柄・風合いが魅力です。

沖縄県・国頭「喜如嘉の芭蕉布」


スッキリとした、花織の帯が入荷しました。

ベージュ色を基調色に、横浮花織・手花織、

琉球絣を織り上げられています。

アクセントにブルーの色糸をつかって

花織にアレンジされています。


沖縄・野原織物「南風原九寸なごや帯」

バランス良く、スッキリ洗練した
琉球本紅型の九寸名古屋帯です。
市松地紋の白生地に、藍を基調とした
爽やかな草木柄は、単衣のコーディネートで
楽しんで頂ける逸品です。

沖縄県・糸満市「宜保聡・紅型紋駒地帯」

琉球本紅型の、九寸名古屋帯です。
鮮やかな緑地に、鮮やかな花を横段に
染上げています。
型糊の置き方を工夫をすることで、
細い草色を、上手に色分けして染められ
ているのも、伝統の技ですね。

知念紅型工房「蜻蛉草花段帯」