理念

「すてきな和服を問屋価格で提供する。

 お客様が入りやすく、付加価値と関係性を大切に、

 5者(社員・取引先・お客様・地域・家族)を幸せにするいい会社となる。」

当ホームページの目的

当社は、現在66期目。ヒトならば還暦を超えておりますが、会社に寿命はありません。

 (今井田甚一が1927年:昭和2年に、丁稚奉公を終えて独立してから、創業91年目です。)

積み重ねた年月を、会社の個性として醸成しつつ、

さらに羽ばたいていけるよう、当ホームページを作成しました。

模索しつつの、自作ですので、至らぬ点多いかと思いますが、

色々とご指導頂ければ幸いです。

 

HPの個別目標

①既存のお客様との関係性強化。

②自社HPを作成することで、三陽を見つめ直す。

③離れた場所のお客様へも、お値打ちに商品を提供する。

(ネットの長所を活かして、気軽に品定めや買い物ができる。)

④ポイントや最低購入額等を設けず、税込み・送料無料の正直な販売。

 

当社の進む道

呉服屋さんて、怖い?!

お客様の第一声にいわれる質問。

普段、洋服ばかりの生活で、

キモノを着る機会は極端に減っています。

 

街中の呉服屋さんは入りづらいし、

ショッピングセンターの呉服店に入ると、

何か買わされそう・・・

見慣れていないものだけに、

値段と価値のバランスもわからない。

 

人口が減り行く中、

数少ないお客様に、群がる売り手。

着付け無料で敷居を下げたり、

下取りやリサイクルで掘り起こしを狙う他社。

 

会社の考え方は、それぞれですが、

「サッと入りやすいお店」

「しつこい勧誘などなく、専門的な説明が聞けて」

「ステキな商品が、お値打ちな価格」

「購入後も必要な時だけ、しっかりアフターサービス」

そんな『いい会社』にしていきたいと思います。

 

『いい会社』を目指す中で、今取組んでいるのは、

「ノルマなく、気楽に働ける環境」

「健全な財務、適切な在庫量」

(百貨店等は委託販売が主流ですが、適量の商品を自社保有し

 在庫リスクをとって回転させていくことで仕入原価を下げています。)

「急成長ではなく、地道な日々の改善」

 

続けていくことで、花をつけ、いつか実に繋がる事を信じて。

今日も、少しづつ前へ進んでいきたいと思います。

今井田 尚久 ひとこと

京都・小袖屋「本麻絞九寸名古屋帯」

弧を「絞る」熟練技術は、芸術品そのものです。地色を黄にして向日葵を表現したセンスは、着物帯として考えた時の、着物とのコーディネイトまでもイメージた、配色に精通した染屋さんと感じます。

販売サイトはこちら

 

京都・小袖屋「本麻絞九寸名古屋帯」#sanyokimono

 

28588

木曽ねずこ下駄#sanyokimono

長野の木曽檜を使った「ねずこ下駄」。素足で履いた時の、木目が足裏に当たる感触が、とても気持ち良いです。

木曽ねずこ下駄#sanyokimono

博多・西村織物「男帯・切子」 #sanyokimono

博多織の男角帯です。切子模様をイメージしたドット模様が、無地柄が多い男の着物や浴衣にアクセントを与えてくれます。両面使いの裏側は間道縞模様でスッキリとした装いになります。〆心地は文句無しです。

博多・西村織物「男帯・切子」

#sanyokimono

西陣・岩井織物「蒔絵雲取春柳」 28378

涼しげな装いで気分を変えて楽しんで暑さを乗り越えて♪♪

紗の全通袋帯です。本流の織と柄、糸使いが冴える逸品です。

西陣・岩井織物「蒔絵雲取春柳」

28378

京都・小袖屋「麻九寸名古屋帯」 #sanyokimono

小千谷の変り市松麻生地に、絞り・縫い・パッチワークで金魚鉢の太鼓柄を仕上げました。金魚すくいのポイもお洒落に添えてます。

京都・小袖屋「麻九寸名古屋帯」

#sanyokimono